スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宇佐星ツアー体験記 3

それから覚えているのは、
カシオペアです。

ここでいただいたのは、
なぜか「桃」!

この後の「水の神事」で桃を使うからかな?
とも思いましたが、桃といえば西王母さまです。
確かに西王母さまは菊理姫さまのご化身だけど、
ここは天王星ではないしな・・・など、
余計なことを考えてしまいました。

こんなふうに、
理屈っぽくなるのはよくないですね。

あと、ここでは指輪をいただきました。
片手に4つづつ。
はたして神様はどんな約束を
してくださったのでしょうか?

ところが、覚えているのはここまで。

てんびん座も、はくちょう座も、
寝てたわけではないのですが、
夢うつつの中で意識が飛んでて、
結局何を見たのかよく覚えてません。

初めていく世界だっただけに、
ずいぶんもったいないことをしたと、
今から思えば少し悔しくはあるのですが、
でもそのときはふわふわして、
とにかく幸せで幸せで。

たぶん、見えてなくても、
御魂はきちんと連れていって
いただいたんでしょうね。


それにしても、
星ツアーのあとの神事はすごかったです。

ものすごい重くて強いものが、
ずしんずしんと降りてくるのが
はっきりわかりました。

火の神事のときなど、
深見先生の気合いとともに、
腰から下がぱっと軽くなりました。

その後、
劫をはらっていただいたことを知りびっくり。

本当にすごいですね。

どんなふうに証が顕現するのか、
今から楽しみです。

神様、深見先生、
本当にありがとうございました。

スポンサーサイト

宇佐星ツアー体験記 2

とはいえ、星の世界には行ってきました。
いつもほどではないものの、
ちゃんと風景は見えましたし、
お土産もいただきました。

まずは北極星。
すっかりお馴染みの青玄宮です。

ここでは北極老玄神祖さまに
お会いするのが楽しみだったのですが、
残念ながらよくわからず。

ただ、お土産はたっぷりいただきました。

はっきり見えたのは、
「望遠鏡」「メガネ」「虫メガネ」の三点セット。
遠くのものと、近くのものと、細かいものと、
それぞれ見る「目」をいただいたのでしょうか?
あるいはその要素が足りないのかも。
ともかく、嬉しいです。

あと、北極星に行くと、
いつも本をいただくのですが、
今回は少し違いました。

巻物を半分広げたような形の、
羊皮紙のようなもので、
周囲は髭文字のようなもので
デコレートしてあるのですが、
基本的に中は真っ白。

これは何でしょう?と聞くと、
そこにさらさらと文字が
浮かびあがってきました。

「今、この瞬間にも、
こうやって運命は変わっていくんだよ」
と、にっこりと神様が微笑まれました。
この部分ははっきり覚えてます。
三人くらいの男神さまがおられました。

なぜか私の場合、
北極星からの帰りは、
いつも船に乗ります。
(理由はわかりません)

でも今回の船は、
ものすごい近代的な船でした。
これまでは帆船などでしたが、
なぜだかとにかく、
イージス艦みたいな形の
直線的で超近代的な船。

「だんだん進化するんですね」
と言ったら、
「向こうでもっとすごいのを作ってるよ」
と神様がおっしゃるので、
そちらのほうを見ると、
港の向こうに空母みたいな
でっかい船が建造中でした。

どういう意味だかわかりませんが、
とにかくいつもとは違う、
北極星への星ツアーになりました。


宇佐星ツアー体験記 1

宇佐神事で星ツアーがありました。

でも、今回は自分なりに少し残念。

というのも、
直前まで仕事してて、
フライトにはなんとか間に合ったものの、
あまり深くお祈りしないまま、
受けさせていただいたのです。

しかも、直前までやってたのが、
経理関係で、細かい数字をあわせる仕事。
夢とメルヘンの世界からは
ずいぶん遠いことをしてました。

だから、いつものように、
はっきりくっきり見えて、
神様と気楽にお話する、
という感じではなかったです。

それが残念。

今回は、神事や秘儀をお取り次ぎするまで、
神様も深見先生もじっくり時間をかけられる理由が
あらためてよくわかりました。

現実界から神霊的な世界へ
チャンネルを変えるのには、
それなりに時間をかけて気を鎮め、
皆で祈り込んで、斎庭を作る必要がある。
そのことをあらためて実感したのです。

だから、時間をかけて神事会場の気を整えたり、
皆の誠を結集して、より深くて大きな斎庭を作ったり、
そういうことを神様は待っておられるのですね。

また、はるばる時間をかけて、
何度も何度も会場に足を運ぶことも、
やっぱり大きな意味があるんだな、と思いました。
何度も現地にいくと、それだけ現地の思い出が、
心と魂に刻みこまれます。

次回からはきっと!
・・・そう発願を新たにしました。


とはいえ、星ツアーは、
別に、見えればいいというものではありません。

逆に、よく見えない人のほうが、
くっきり鮮やかに証をいただいたりします。
しかも大きな証が多い。

そう考えると、
見えても見えなくても、
どちらもラッキーなのでしょう。

はたしてどんな証をいただけるか。
ひたすらわくわくして待ちたいと思います。

ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。