スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ一番の昆布しばり

昨年の富士箱根神業の最終お取り次ぎは、
雄島雌島で行われるそうです。
このニュースに支部の中は沸き立っています。
やっぱり、みんな好きなんですね。屋外(笑)

私も、ごそごそと霊璽を取り出して、
最後の仕上げに書いています。

しかし、忘れてならないのは昆布しばり。
災いや問題を一発で解消してくれます。

昆布しばりが出たばかりの頃、
神事会場でこれを書いた日の翌週、
大規模な人事異動が発表されたことがあります。
(このブログは、知人も大勢見てるので、
詳しいことは書けませんが…)

もちろん、すべての人にとってよくなるように、
一番いい部署に皆配属されたわけですが、
それまで悩みの種だった問題が、
あっという間に解決されました。

どういうわけか、
ワールドメイトの会員は、
季節外れに10月とか11月とかに、
人事異動とか部署移動を経験する人が多いです。

それは案外、昆布しばりの強力な霊力が、
なせるわざなのかもしれませんね。

とにかく、
煮詰まって、煮詰まって、
にっちもさっちもいかないことを
昆布しばりに書くと、
一発で全部解決する場合が多いようです。

それから、先々にある不安なことを、
そっと書いてみると、
物事がスムーズに進むともいいます。

いずれにせよ、
ものすごい環境の変化が訪れます。

神様の証を実感したい人には、
とてもわかりやすいもののひとつですね。




スポンサーサイト

星差し替えのすごい話

そして今朝、
星差し替えの宇宙秘儀をもって、
すべてのお取り次ぎが終了しました。

深見先生ありがとうございます。

星差し替えの証は、
このあと2~3カ月くらいかけて、
具体的な環境の変化となって、
あらわれるとのこと。

楽しみですね。

もちろん、今日も、
これでもかというくらい、
体が軽くなり、
すっきりしましたが、
証はこんなものでは済まないでしょう。

また、気がついたら、
ここに書かせていただきます。

ところで。

星差し替えは、
今朝7時ころに始まり、
9時ころに終わりました。

5月9日の朝7時から9時、
いったいどんな時間だったか
ご存知ですか?

実は、
気学でいう「同会日」、「同会時」。

すなわち、
年盤、月盤、日盤、時盤がぴたりと重なる、
年に数度しかないタイミングだったのです!

気学をやる人は、
お水とりなどをやるために、
この時間を特に重視しますね。

でもまさか、
そのピタリのタイミングで、
星差し替えが行われるとは・・・。

神霊界のメカニズムは、
何がどうなっているのかよくわかりませんが、
なんとも言いようのない偶然に、
隠しようもない驚きを感じました。

深見先生って、
宇宙秘儀って、
本当にすごいとしかいいようがありません。




天王星の秘儀

そして天王星。

あまりにもすごいご神業でしたので、
何をどう語っていいのか迷います。

「災いを未然に消す秘伝」については、
いずれ実戦したときにまた、
ここに書かせていただきます。

ところで。

守護霊が交替すると、
姿形まで変化するといいます。

実は、天王星の秘儀、
わけても守護霊交替の秘儀を受けるその日、
不思議なことがあったのです。

同僚から、
「あれ、顔が変わった」
と言われたのです(!)

最初はなんのことかわからず、
「え?何?」
と聞き返したのですが、
彼女が言うには、
「顔つきが変わりましたよ。
さっぱりした。
何かいいことあったんですか?」
とのこと。

確認のため、
自分で鏡をみたのですが、
どことなく、顔のラインがすっきりしています。
特に痩せたわけではありませんが。。。

しかし、
合わせ鏡で横顔を見て、
あっと驚きました。

横顔が笑っているのです!

人相学では、
横顔はその人の内面をあらわすといいます。
本当の心の状態です。

実は私の横顔は、
いつも少し悲しそうにみえてたので、
写真などを横から取られるときには、
いつも気にしてました。

ところが今、
どことなく、
余裕にあふれて
少し笑ってるようにみえる。

驚きました。

守護霊様が交替して、
本当に内面が変化したのでしょう。

おそらく、
霊体に体が馴染むにしたがい、
これからもっと、
新しい守護霊様に近い姿に、
変化していくのだと思います。

・・・ますます、男前になる(!)

まあ、
苦しい冗談はさておき、
今回もまた、
腰が抜けるような、
すごい証でした。

井戸霊大救霊

しかし、咳は止まりません。
喘息気味になったこともあり、
息をするたびに、ぜえぜえびいびい音がします。

でも、井戸霊救霊のとき、
その「理由」がまたわかったのです。

実は、今回、井戸霊を申し込むつもりはありませんでした。
(すみません)
でも、「全部申し込んだ人に」もらえる特典が欲しくて、
「ついでに」申し込んだのです。
(重ねてすみません)

なにしろ、
井戸霊救霊は過去にも受けて、
すでに証を実感しているし、
その後、新たにもらってきた心当たりもないし。。。

それで、パンフレットも読まずに、
「ついでに」受けてしまったのです。

ですが、
祝詞の最中にふと、
深見先生が、
「喘息の原因となる井戸霊」と、
繰り返しおっしゃった瞬間がありました。

そのときです。

胸が苦しいのが、
一気に楽になったのです。

おおおお!
と声を上げたいくらい、
急に楽になりました。

いや。
危なかった。。。

深見先生が、
「ささやきCD」を降ろしてくださらなかったら、
井戸霊も救われず、
私もずっと喘息で苦しんだままのとこでした。

やっぱり神様は大愛だし、
先生はおやさしいですね。

神仕組や、
ご神業で出されることは、
万に一つの無駄も、
間違いもないんだということに、
あらためて気づいた、
今回のゴールデンウィーク神業でした。

大救霊体験記

秘儀三昧のゴールデンウィーク神業が終わりました。

すさまじいご神業でした。
深見先生、本当にありがとうございます。

以前のエントリーでも書きましたが、
秘儀が近付くにつれて、体調を崩しました。

そして、大救霊のその日にピークを迎えたのです。
頭は朦朧とし、激しい咳は喘息みたいになりました。
「これはさぞやたくさん救っていただけるんだろう」
と思う気力もないまま、這うようにして衛星会場へ。

やがて、深見先生の祝詞の始まりと同時に、
失礼ながら、眠り込んでしまいました。
(すみません)

しかし、途中で急に意識が覚醒した瞬間があります。
深見先生が、行者の霊を見破られたときです。
いくつかの行者の群れがありましたが、
そのうちのひとつが、私の出身地。
なぜか、先生の祝詞がそこに至る直前に、
ふと目が醒めたのです。

そして、深見先生に救っていただいたその瞬間、
頭の奥に白くべちゃっと張り付いた幕のようなものが、
すううっととれていきました。

すっきりです。

ここ数週間、ずっと気持も体調も冴えなかったのは、
これだったのかもしれません。

とにもかくにも、
ありやかな証をまた実感した、大救霊でした。

ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。