スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徳積みの経験が続く その2

最後は今日の話。

これもバス。
高速バスですが。

バスを降りて電車に乗ろうとしたら、
携帯電話がないことに気付きました。

「まいったなあ・・・」と思って、
忘れ物コーナーにいったら、
幸いにもバスはまだ車庫に戻ってなくて、
運転手とすぐ連絡がとれ、
停車場の係員が持っていてくれました。

「よかったー」と思っていたら、
隣で大騒ぎしてる女性がいます。

日本語がまったくわからない
外国人バックパッカーの女性が、
窓口の人と日本語辞書を片手に、
なにやら話しているのです。

どうやら財布をなくしたようです。

で、バスは車庫に行ったそうです。

それだけの話が通じなくて、
お互い困っている。

思わず、
「バスは車庫にいるんですよ」
と英語で彼女に伝えたら、
まず二人ともびっくりし、
次に大喜びして、
私にいろいろまくし立ててきました。

完全に通訳扱いです。

もちろん、
そんなに難しい英語は
まったく必要ありません。

「忘れ物はバスにあって、
バスは車庫にいます。
車庫までいくバスは
たくさんあるから、
それに乗っていけば、
この窓口で明日まで待たなくても
今日のうちに
財布が手元に戻りますよ」

昔、バックパッカーをやってましたので、
それくらいの英語は話せます。

なにしろ、その女性も
シンガポールの華僑とのことで、
私以上に英語があやしいのです。

それだけのことですが
大いに感謝され、
ついでに、
車庫にいくバスまで案内し、
ドライバーに事情を説明して
彼女を乗せこみました。

と、同時にバスが発車した。

彼女はお礼を言おうとして
窓をあけようとしますが、
窓がしまったまま
バスが遠くに行ってしまいました。

お互いの
名前もよく聞いてません。

しかし、
なんだかとにかくうれしくなって
先ほどかえってきたというわけです。

私だって忘れ物したおバカさんなのに、
たまたまそこに居合わせただけで、
別にうまくもない英語で、
人助けができたのです。

お礼の言葉も品物もありませんが、
この胸の充実感と満足感は
たまりませんね。
ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。