スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あざやかな人形の体験 その1

ワールドメイトといえば「人形形代
「ひとがた・かたしろ」と読みます。

ふつうの神社にも置いてあるので、
なじみのある人も多いでしょう。
息を吹きかけて穢れを祓い、
一年間の無事を祈ります。

ところが、ワールドメイトのは
そんなものではありません。

私が「これはすごい」
と実感した話をします。

それは、「嫌いな人」の人形を
書いたときのことです。

どうしても、好きになれない人がいた。
年上の女性です。
好きになれないというより、
はっきり言って嫌い。

とにかく意地悪なのです。
いじめに近いようなことをする。
その人がストレスで、
職場に行きたくないと思うほど。

そういう人っていますよね。

それで、その人の人形を書いてみた。
でも、一枚書いてもすっきりしない。

当然です。

愛念なんか出るはずもない。
なんか祈った気がしない。

無論、証もない。

毎日、悶々としながら
すごしていたので、
「えい!」とばかり、
思い切って10枚書くことにしたのです。

10枚といえば3000円・・・。

「あのオバハンのために3千円かあ」
と少し腹が立ちましたが、
毎日のストレスが少しでも軽減できるなら
3000円は安いものです。

せっせと書きました。
そして愛念を出すために、
無理やりいろんなことを頭の中で
作文してみました。


「不細工に生まれてかわいそうに」

「あんな性格悪くてかわいそうに」

「あれでは誰からも愛されないだろう」


最初は、祈ってるのか
悪態ついてるのか
わからない内容でしたが
だんだんかわいそうになってきました。

「きっと友達もいないに違いない・・・」

「親からも愛されなかったのかも・・・」

「前世の劫が深いんだろうな・・・」

「このままこの後もいいことないのでは・・・」

「これじゃ、ひねくれて、
意地悪になるのも当然だよな・・・」

するとなんだか、
心のどこかから、愛念が湧いてきたのです。
そして、自然と、

「少しでも幸せになりますように」

という祈りに変わってました。


自分でも、
自分の中に起こった変化が
信じられませんでした。

自分の中から、
何かが湧き上がるような体験。

すごい不思議な経験でした。
ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。