スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脱・霊媒宣言 5

ところが、そんな私に、もうひとつの転機が訪れるました。

大学3年の秋です。

かつてほどでないにしろ、
相変わらずの敏感体質です。

とはいえ、
浮遊霊の姿を見る頻度は減りました。
もう、低級霊への興味や関心は、
完全になくなったからかもしれません。

かわりに、直観が冴えてきました。

近未来がなんとなくわかったり、
人の気持ちがわかったり。

友人たちも、
なんとなく不思議に思っていたようです。
いつも相談を持ち掛けられます。
サークルやゼミのリーダーを
かけもちしてたこともあり、
なんとなく、私のアドバイスを聞いて、
はじめて安心するような、
そんな「お約束」ができていたようです。
おかげで私の部屋はいつも友人でいっぱい。

当時は(今もですが)
「学生は学業が第一」というのがワールドメイト(コスモメイト)です。
それほど熱心に布教をしませんでした。
私も、コスモメイトに友人を連れていくことは、
とくにやってませんでしたが、それでも、
友人たちが次々と(勝手に)入会したのもこの頃です。

私の部屋に遊びにきて、
いろいろと相談をして、
そして、本棚にある深見先生の本を見つけて・・・

だいたいそのパターンです。

ともかく、
感性が極度に発達してしまったのでしょう。
逆に、学業はおろそかになり(本が読めなくなった)、
喘息が発病したりして、体力が落ちました。

繰り返しますが、
生きていくにおいて、
霊媒体質は何の役にも立ちません。

むしろ、少しばかりの能力が仇となり、
人生を誤る人が多いようです。

それは信仰においてもそう。
神のご意向とか、
尊い御教えよりも、
自分の意見や欲望を優先させるようになります。

実際の話、
コスモメイト時代に知り合った会員には、
霊能者もたくさんいました。
「○○の神様と話した」
「○○の霊を飛ばしてやったわ」
そんな会話を常にしてる人々。

そういう人に限って、
社会性がなく、
礼儀がなく、
仕事もできず生活力もない。
知識も偏り、
思いこみも強く、
話してて、ちっとも面白くない。

誰からも尊敬されない人格なのに、
ふんぞりかえって偉そぶるから、
誰からも敬遠され、
やがて周囲や組織を悪し様に罵って
ついにはやめていく。

そうやって、
いろんなところを渡り歩いている人が
けっこう多いようです。

いずれも、
後ろ脚で砂をかけるようにしていなくなり、
元いたところの悪口をいつまでも言っています。
そのことひとつとっても、
決して尊敬できる人々ではありませんし、
なにより、ご本人たちも決して幸せではないでしょう。

「声聞、縁覚は救いようがない」
といいますが、
中途半端に霊能が開いた人ほど、
救いようのない人はいません。
大きな悲劇です。

なにしろ、
誰の助言や忠告も聞かないのですから、
神様だって救済しづらいでしょう。
結局、自分自身が一番不幸になるというのに・・・。

私は、そんな人間にはなりたくなかった。

決してなりたくなかったのです。



ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。