スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生霊を祓う 4

人形形代による
「生霊みそぎ」がそれです。

過去にさかのぼり、
一枚一枚の人形に、
「○才の時の自分」、
「○才の時の自分」と、
祈りを込めながら
書いていきます。

いつ、
どんなことで、
生霊をもらってるか、
わかりません。

まさか赤ん坊のときに
誰かから生霊をもらうことは
ないとは思いますが、
それでも可能性はあります。

「かわいい赤ちゃんで羨ましい・・・」
そう思う、ご近所さんや親せきが
いなかったとも限りません。

思春期以降なら、
むろんのこと。
社会は他人との関係で
成り立ちます。
人間関係とは
喜怒哀楽の塊です。
いろんな念を受けます。

それらが、
何年、何十年と、
積み重なり、
固まって、
運気や健康に
影響を与えるのです。

ですから、
心当たりのあるなしに
かかわらず、
過去の「みそぎ」は
しっかりしておくのが
無難です。


私もやってみて、
驚いたことがあります。

「○才の時の自分・・・」
「○才の時の自分・・・」
と、一年づつ書きましたが、
16歳のところで
意識が朦朧となり、
机につっぷして
そのまま眠り込んで
しまいました。

すると、
夢の中に、
すっかり忘れていた
O君が出てきたのです。

彼は私の同級生でした。

1年生のときO君は、
同じ部活でした。

しかし、2年生になり、
私が部長になったとき、
O君は「バンドのボーカルをやる」
といって、やめていきました。

「へえ」
と思ってましたが、
卒業後に友人と飲んでて、
意外な話を聞きました。

「実はあいつ、
自分が部長に
なりたかったんだよね・・・」

彼は友人たちに、
それとなく運動してたそうです。
しかし、
みなが私を推したため、
彼は部長になれなかった。

部活をやめていったのは、
それが原因だったようです。

そんなこと、
もうすっかり忘れてましたが、
16歳の人形を書いてるときに、
夢の中に彼が出てきたのです。

悲しそうな、
恨めしそうな目で、
私を見つめる16歳のO君。

「ああ、O君は羨ましかったんだ・・・」

そう思った瞬間、
ガバッと目が覚めました。

そして涙が出てきました。

すっかり忘れていたのに、
私の胸の奥のどこかにも、
わだかまりがあったようです。

それがきれいに、
溶けて流れていった。
そんな感覚です。

さっそく、
O君の幸せを祈り、
彼の人形も書かせて
いただきました。

住所なんてわかりませんから、
「○○高校の同級生だったO君」
と書くだけ。

それでも、
すっきりしました。
うんと軽くなった。

目の前のもやが、
晴れたようです。

世界が明るくなりました。

ああ、
あんな昔の、
よくあるような些細なことが、
こんなに強く影響を
与えていたのか・・・。

自分でも
愕然とします。

それだけ
すっきりと軽くなりました。

と、同時に、
生霊の恐ろしさを
改めて実感しました。

もしこれが、
本気で人に恨まれたりでもしたら、
はたしてどんなに怖いことでしょう。

繰り返しますが、
どこでどんなふうに
生霊をもらうか、
わかったものではありません。

もし、
心当たりのある方が
おられましたら、
ぜひ、
ワールドメイトに
お問い合わせをされるよう
お勧めいたします。

救霊師による
生霊救霊や、
人形形代は、
会員でなくとも、
どなたでもできます。

季節を問わず、
年中できます。

ワールドメイトは
入退会自由ですから、
無理に入会する必要もありません。

正しい霊的知識を得るだけでも、
ずいぶん救われるものです。

生霊について、
ほとんど唯一といっていいくらい、
完璧な救済ができるのが
ワールドメイト。

聞いてみない手はありません。

あなたの幸せのために。

ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。