スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あざやかな人形の体験。 その2

あれだけ憤りしかなかった人を、
今は愛念で祈ってる・・・。

自分に起こった変化に
自分で驚きながら、
ふわーーーっと軽くなるような
思いに感動していました。


そのとき、ふと、
こんなふうに思ったのです。


「そういう人と、今世で
ご縁があって出会ったのは、
何か意味があるんじゃないだろうか?」

「自分にも、
意地悪をされる劫があるのかも・・・」

「前世で、自分がその人に
なにかひどいことをしたのかも・・・」

「あるいは、立派な人間になるために
神様がその人と同じ職場にしたのかも・・・」

・・・そういうことを考えていると、
なんだか、ふっきれた気になったのです。

今までのわだかまりや、
思いが消えてなくなったような
そんな気持ちです。

そして、腹をくくりました。

「よし!
何だか知らないけど、
この苦しみには意味があるんだ。
自分も苦しいけど、
相手も苦しいんだろう。

そこで、お互い憎みあってたら
いつまでも、何も変わらない。
嫌なことはあっても、
自分だけは、あの人への
愛念を絶やさないでおこう。

それが自分の修業だ。
これを通して、
神様はきっと何かを
教えてくださってるんだ。

自分が成長して、
相手を幸せにできなきゃ、
そもそも何も進まない」


と、思って真剣に、
さらに祈ってみました。

すると、愛念はますます
途切れることなく出てきます。
そして、今までの嫌な気持ちや
わだかまった思いが、
全部溶けて流れるような、
不思議な感覚に包まれたのです。

愛念。希望。勇気。
そんなもので、
心が満たされた感覚。

心は爽快。
晴れ晴れとして、
雲のない空のようです。


「これも人形を書いた証だ~。
人の幸せを祈る人は、
神様がほっておかないって
本当だな~」

と幸福感をかみしめてました。


もしかしたら、そのとき、
何かを悟ったような
状態だったのかもしれません。

考えてみれば、その時以来、
嫌な人にあっても、
嫌なことがあっても、
同じように発想を転換し、
相手の幸せを祈ることができます。

「3000円で
こんな体験ができるなんて、
本当にすごいな~」


そのときは、無邪気にそう思っていました。
ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。