スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星ツアー体験記1

昨日は久しぶりの星ツアー。
6つの星に行きました。
どれも素晴らしかった。

星の景色はきれいです。

たとえば月。

最初、近づいている時は、
NASAの写真のように、
クレーターだらけの景色が見えました。
砂と岩の世界です。

でも、大気圏(?)に飛び込むとき、
「月の神霊界に入るんだー」
と思った瞬間、美しい草原が広がりました。

よく晴れた青い空。
彼方に青い山の連なりが見え、
そよそよと風そよぐ中、
農夫のような人が作業してます。

「はあ。月にもこういう風景があるんだ・・・」
と感心しながら、草原の一本道を歩きます。
風が心地よく、美しい景色にしばらく感動。

遠くに町が見えます。

そこで、気づきました。
「こんなことしてる場合じゃない!」

そうです。
おみやげをもらわなきゃ!

でも、町までだいぶ遠い。
どうしようと思って、農夫を見ると笑ってます。

「そうだ、神様に聞いてみよう」

そう思いついて、
「神様、町まで早く行きたいのですが・・・」
とお願いしたら、馬車が来ました。
するとあっと言う間に町へ。

最初からこうすればよかった・・・。

町は活気があってにぎやかです。
広場のようなところに、たくさんの人がいます。
今回は、ヨーロッパ風です。
以前、月で中国風やイスラム風の建物も見ました。
月にも、いろんな世界があるんでしょうか?

でも、住民に見とれているわけにはいきません。

「おみやげ、おみやげ・・・」

そうです。
神様のおられる宮殿に行かねば・・・!

町の人に聞いて、
指差す方向に馬車を走らせ、
やっと宮殿について、神様にお会いしました。

きれいなお洋服ですが、
黒髪の美しい男神様です。
目がすごく優しい神様でした。

でも、この時点で、だいぶ時間ロスです。
もう2回目の口笛も終わりかけてます。
仕方ないので、神様に、
「時間がないので、おみやげいっぱいください!」
と、不躾にお願いしました。

すると、神様はにっこり笑って、
「船に積んどいたよ」とおっしゃいます。

見ると、港に船が仕立ててあり、
荷物がたくさん積んであります。
「やったー!」
というところで、3回目の口笛。
地球に帰る合図です。

港には、見渡す限り、たくさんの船。
水平線のむこうまで、船が埋まっています。
それが次々に出港していきます。

「地球にね、宝物を運ぶんだ」
と神様はおっしゃいました。
不況で苦しむ人類を救うんだそうです。
感動しました。

海と空の青さ。
風の心地よさ。
潮の匂い。
ありありと感じながら、
地球に帰ってきました。

それからずっと
「幸せ~」という感覚が続いています。

本当の神霊界を、
探訪してきたんですね。

星ツアーって、
だから病みつきになるんです。





ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。