スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星ツアー体験記3

昨日の目玉は、
なんといってもルーリン彗星でした。

私はこの星の景色を、
一生忘れることはないでしょう。


口笛に導かれ、
着いては見たものの、
あたりは夜。

小高い丘から見下ろせば、
遠くに重く海が見え、
岬が黒く突き出します。

「せっかく星に来たのに・・・」
思わず、そうつぶやきます。
あたりは何も見えません。

すると、水平線の向こうに小さな光の点が。

目をこらして、しばらく見つめます。

その光はやがて、
空と海を横切る直線となり、
ピカッと輝きを増したかと思うと、
一瞬のうちに
巨大な光の玉となって、
その姿をあらわしました。

夜明けです。

彗星の世界で、夜が明けました。

ハンパではない明るさです。

どーんという衝撃とともに、
まばゆい光があたりを包みます。

なんと明るい風景。

とびきりよく晴れた夏の朝のように、
きらきらと照らされた町や人が、
にぎやかに活動を始めます。

さっきまで真っ黒だった海は、
朝の光を反射して、青く輝いています。
黒い岬は、緑したたるなだらかな山稜となりました。

なんと美しい風景でしょう。

おそらく、地上のどこかにも、
これと似た景色があるかもしれません。
でも、この明るさは見たことのないものです。

星の神様からは、
たくさんのお土産をいただきましたが、
夜から朝になる瞬間の、
あの太陽そっくりな光の珠をいただいたのが、
印象的でした。

暗黒世界に光をあて、
人々を救う星。
それがルーリン彗星とのこと。

あんなふうに光が差し込めば、
どんな人の人生も好転するでしょう。


呆然とするほどの美しさ。
恍惚とするほとの幸福感。

自分の目で見たもの。
自分の魂で感じたもの。
それは、誰にも否定できません。

私は確かに、
神霊界を旅してきたのです。
錯覚でもなく、
まやかしでもない、
真実の体験です。


実在の神を掌握し、
神を行じ、
神人合一の道を歩む。

理屈でもなく、
教理教学でもない、
真実の神の世界が、
ワールドメイトにはあるのです。


星ツアーはそのことを体験する、
絶好の機会ですね。



ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。