スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

発願、試練、成就。(3)

でも、そういう紆余曲折は誰にでもあります。

越えられるかどうか、
ギリギリの試練であってこそ、
本当に魂が成長するのです。

特に、
一生の発願が成就するかどうかの瀬戸際には、
「どうしてこうなるんだ」
「もう嫌だ」
「投げ出したい」
と、絶叫するような日々が続きます。

そうあらねばおかしいのです。


若き日の西郷隆盛だって、
失意のうちに自殺未遂をしています。

天神様ですら、左遷されて長い間、
嘆き悲しんでおられた様子が、
美しい歌となり、文章となって今に残っています。

修業時代の深見先生でさえも、
何度か「家出」をされたといいます。

(エンゼルビデオか青山塾ビデオで、
植松先生のお宅を飛び出し、
自転車で一周して帰ってこられたというお話がありましたね。
深見先生は、おもしろおかしく笑い話にしておられましたが、
本当にギリギリのお苦しみだったことと拝察申し上げます)


そうした「どん底」状態の中で、
ギリギリまで葛藤し、
「死んでしまいたい」と思いながら、
絶叫するように神に祈ってこそ、
御魂が磨かれ、真の意味で成長する。

・・・深見先生は著作でも、講演でも、
そうなるものだと最初からおっしゃっています。


しかも、それは、忍耐と根気を要求されます。
いつ果てるともしれない苦行があり、
先の希望など、到底持ち得ないような気持ちになり、
このままやってても仕方ないと思えてくる。

でも、そういう時が勝負なのです。
99回へこたれそうになっても、
100回目にもう一度立ちあがってくるかどうか。
神様はそれを見ておられるのです。

試練がやってきたときに、
それを神が与え給うたものだと思いなおし、
無理やりにでも感謝して、
また一歩を踏み出せるかどうか。

神様が試しておらるのはそこでしょう。


試練というのがいかにありがたいものか。
それは、現実の社会をみても一目瞭然です。
苦しみや困難を越えたことのない人は、
職能力でも、人間関係でも、精神力でも、
そうでない人より明らかに劣ります。

「若い頃の苦労は買ってでもしろ」と言いますが、
神様を信じるとかどうかは関係なく、
苦労の足りない人は、社会で勝ち抜けないのです。
世の中の一般法則です。


だから、試練がやってきたときには、
より立派な自分になるよう、
神様に磨いていただいているんだと、
感謝するのが本当の態度だといえるでしょう。


そして、感謝できた瞬間に、
たいがいの場合、
苦労や葛藤が散っていきます。

ワールドメイトにいて、
そうしたことを経験した人は多いのです。

そしえ、そんな経験をした方は、
皆、例外なく立派な人になっており、
支部であれ、社会であれ、
人から尊敬され、
人を幸せにできるような人になっておられます。


これは、私自身がこの目でいくつも見てきた事実です。



ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。