スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全てのことに感謝できるか? 4

…ということを、
私は過去にこのブログに書いてきたはずなのに、
まだ、心の中にいくつかわだかまりがあったようです。
気落ちの原因は、それだったのです。


昆布縛りを書いたおかげでしょうか、
深見先生の講義テープの言葉が頭をめぐり、
自分で気づかなかった事柄を気づかせていただきました。

現実的にこだわりがあったいくつかのことが、
具体的に思い起され、
「これも神の試練だ」
「あれも神鍛えだったんだ」
と心の底から思えたのです。

そして、腹の底から、
感謝の気持ちが湧いてきました。


人間が生まれてくるのは、
地位のためでも、
名誉のためでも、
財産のためでも、
家族を残すためでもありません。

御魂を磨いて立派になるためであり、
世に善行をあらわして人を幸せにするためです。

しかし、自分が立派になった分しか、
人を幸せにできないのですから、
自分を立派にするようなことが起これば、
それが一番幸せなことです。

困難も、困窮も、呻吟も、葛藤も、
すべてそのための糧です。


そういえば、
今年の伊勢神業で、
下のような深見先生の詩が配信されました。

昆布縛りを書いた後に、
この詩のことがありありと思い起こされ、
メルマガの過去ログを引っ張りだして、
一日中、読みふけってしまいました。

やはり、
「すべて神がなさっていることだ」と確信し、
苦労を明るく受容して、感謝できるところに、
本当の信仰心、菩提心の如何が問われていたのです。

短い言葉に込められた、
深見先生の悟りの深さ、
表現の素晴らしさに、
あらためて脱帽です。


ワールドメイトには、本当の神が降りています。
それはお陰信仰や、証を出すための神ではなく、
本当の意味で人々を幸せに導き、幸せにされる神です。

わずか一枚の昆布縛りで、
これだけのことを改めて思い出させていただき、
心の奥にあった苦しみの根源を取り去っていただいた、
素晴らしい神体験でした。


―――――――――――――――――――――――――――――――――

◎詩

 天が定めた人ならば
 試練多く
 苦労も多い
 その分
 人が磨かれ
 立派になる
 立派な人でなければ
 人はついて来ず
 導くこともできない

 人を導き
 人がついてゆく人が
 世に灯(ともしび)を照らし
 光明になる人である
 暗い世に
 光明を照らす灯は
 そんな人である
 神々も御仏も
 天使も神仙も
 その人を待つ

 神定めの
 指導者とは
 志高く
 志を貫き
 それ以上に
 苦労を受容して
 常に明るい

 そのために
 若い頃から
 苦労させられる
 人の苦しみや
 辛さや悲しみを
 誰よりも
 知るためである

 だから若者よ
 今の苦労は
 そのためにあるのだ
 そう信じて
 その志を貫くべし
 全ての不運も
 神の与えるものだ
 そう信じてこそ
 信仰と言える
 信仰さえあれば
 どんな事でも
 明るく乗り越えられる
 これ菩提心
 菩提心は
 悟りの根源心なのだ

 全ての苦労や問題は
 何とかなるものだ
 何ともならないのは
 今の自分の
 気持ちだけである
 その気持ちを
 何とかせよ
 信仰に生き
 菩提心を振るい立たせて

 東州

ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。