スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「冷や飯」の効用 2

深見先生の本に、
「本来、人間には、好運期も衰運期もない」
という言葉があります。

脚光を浴びて、
なんでもすいすいうまく行ってる時には、
もうすでに、衰退と滅びが始まっています。
だからこそ、君子たるものは、
己を戒め、謙虚に周囲の言うことに耳を傾け、
道を踏み外さないよう注意する必要があります。

逆に、不運の時、不遇をかこう時こそ、
未来に躍進する下地を作るチャンスです。

冷や飯を食いながら、
じっくり肝を練り、
他者の痛みを知り、
知識と経験を蓄えて、
やがて大活躍する準備をするのです。

『易教』という本は、
すべてこの精神で貫かれています。


菅首相も、
岡田監督も、
いったんはどん底を経験し、
真剣に己と向き合い、
他者を見つめなおし、
来し方、行く末を考えたからこそ、
この6月の躍進があったのでしょう。

そう考えると、
冷や飯を食った数が、
人間の価値であり、
実力であり、
魅力になり得るのです。

同じ事柄でも、
それを不遇・不運ととるか、
未来への種蒔きととるか、
同じ事柄でも天と地の差ですね。


これは普遍的な神の教え。

人種も、宗教も関係なく、
万国共通で当てはまる事柄です。

だから、神は、
将来的に大きく活躍させようとする人間には、
まず、試練を与え、冷や飯をたっぷり食わせます。

これが神の愛です。

父親的な愛であり
先々の永続的な幸せを考えた、
本当の愛です。


今の政界をみても、
脚光を浴びる人もいれば、
新たに「冷や飯」を食う人もいます。

菅氏の登場とともに、
権勢を誇った小沢氏とそのグループは、
今や「干された」状況にあります。

私には、
政治や政策の内容はよくわかりませんが、
皆、神様が使われる「役者」と考えるならば、
小沢氏か、その意志を継ぐ若い政治家の誰かが、
善玉役であれ悪役であれ、
また活躍する日がきっと来るでしょう。

小沢氏が、
「蘇りの里」熊野に参拝されたと聞いて、
そう思いました。


自民党もそうです。
昨年秋に野党に転落して後、
どうにも民主党を攻めきれずに、
もがいているように見えますが、
この機会こそが、
長い与党時代の旧弊や悪癖を一層し、
新時代の政党として生まれ変わる、
千載一遇の大チャンスです。

数年後か、その先か、
自民党が、
あるいは自民党の個々の政治家が、
ふたたび勢いを盛り返す日が
来るならば、
現在の不運、不遇こそが、
その原動力となるはずです。


今、日本の国は、
「古今未曾有の大発展」を迎える
プロセスにあるといいます。

そうなるよう、
神様が、右に、左に、
鍛えておられるのだとか。

内外の政治経済の情勢が、
これほど厳しく、
予測もつかないのは、
やはり、神様の本当の愛です。

「日本の国の繁栄は、
やはり確実に準備されつつある」

…6月初めの雄島雌島神事に参加して、
その後に起こったことを見るにつけ、
そのことを強く実感します。


長い人生には、
時に裁きがあり、
時に試練があり、
困窮し、呻吟するようなことが、
降ってきます。

しかし、それが神の愛。

そんなときこそ、神に感謝し、
「この後に、大きなチャンスが待っている」
と信じて、
勇んで冷や飯を食い、
己を立派に、
大きく成長させたいものです。


ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。