スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コップの水があふれ出るとき 2

ですが、神様はいつまでもほっとくわけではありません。

祈ったら祈ったぶん、功徳になる。
待てば待ったぶんだけ、また功徳になる。
それはいつか、花が咲き、実になり、
この世の幸せと化します。

本人が忘れていようといまいと、
祈ったぶん、努力したぶん、待ったぶん、
いつかきっちり功徳をくださいます。

と、やたら長い前置きになりましたが、
ここで私の体験談を。

先日、久々にゴルフに行きました。
もう何年ぶりでしょう。2年、いや3年か。

出張でちょっと遠いところに出てたのですが、
お世話になった方から誘われ、
断り切れずにハーフだけ回ることに。
ボロボロのレンタルクラブをもって、
久々にコースに出ました。

正直、ゴルフにいい思い出はありません。
1ホール10打も叩くのは当たり前。
どれだけ練習しても球が真っ直ぐ飛ばず、
アイアンを2~3本持って、
ゴルフ場の端から端まで走り回った記憶しかない。

でも、ゴルフくらいできないでどうすんだ、
という上司の叱責もあり、
死に物狂いで練習し、
そして祈りました。

ある時など、大発願して、
「なんとかスコア100を切りますように!」
と、形代を100枚書いたことがあります。
ですが、ちょうど100枚書いたとこで異動になり、
こんどはまったくクラブも握らない環境になりました。
自分の才能を、ほとほとあきらめかけていた私は、
これ幸いとばかりに、
「ゴルフは僕がすべきものじゃないんだー」
と勝手に解釈したものです。

あれから3年。
出先で、いきなりゴルフです。
気が重くなったのは言う間でもありません。

その日はたまたま、同じ組に、
学生時代ゴルフ部だった方がいました。
コースに出る前に素振りしてたら、
その方が私のスイングをみてただ一言だけ、
「あ、右足のここの筋肉に力を入れたらいいですよ」
というのです。

昔、さんざんいろいろな方に習いましたが、
今までいただいた、一番短いアドバイスでした。

で、1番ホールのドライバー。
なんといきなりのナイスショットです!
自分でもびっくり。
なんで真っ直ぐ飛ぶんだろう?

その後もおもしろいように球が真っ直ぐ飛び、
ハーフを終わってスコアは49!
もちろん、そんなに人に自慢できるスコアではありませんが、
このペースなら、100を切るのも不可能ではありません。
いやあ、嬉しかった!


考えてみたら、3年の時間を経て、
いきなり願いが叶ったわけです。

しかも本人はもう、
さんざん努力したことも、
祈ったことすら忘れていた事柄です。
不思議ですね。

たった一言だけの、
ポイントだけのアドバイスで、
私の中で熟していた何かが、
急にあふれ出てきた。
…そんな感じです。

これがどう私の人生に影響するのか、
そんなことはさっぱりわかりませんが、
祈ったら祈ったぶん、
願ったら願ったぶん、
時間がかかろうと何だろうと、
神様は忘れることなく、
きっちり功徳をくださるんだと、
実感した次第です。


他の願いごともみな、
このパターンなのでしょう。

人が神を裏切ることはあっても、
神が人を裏切ったり、
見捨てたりすることは、
決してないといいます。

神とともに生きる人間は、
いろいろあっても最後は必ず、
大吉になり、幸せになる。

ご神示録などで繰り返し語られるその言葉は、
やはり嘘ではないようです。

証というのは多くの場合、忘れた頃にやってきます。
やがてコップから水があふれ出るのを楽しみに、
今日も雄々しく生きていきたいと、
心から思いました。


ブログランキング
プロフィール

Son of Zeus

Author:Son of Zeus
ワールドメイト的、実験劇場です。
本当に神が実在し、人を幸せにしてくださる「現実」を実感しましょう!

最近の記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
ワールドメイトのリンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。